シロクマの粘土板

本拠地は「シロクマの屑籠」です。こちらは現時点では別館扱いです。

隠居さん、シロクマの屑籠からリンクしてもいいのでしょうか

 
http://ertedsfdsddty.hatenablog.com/
 
 前略
 
 隠居さんのブログはとても面白いし、時折、私へのメッセージも書いてもらえてうれしく読ませていただいているのだけれど、面白いがゆえに、「シロクマの屑籠」のブログ記事のとっかかりというか、一種の「掛け合い」をやりたいという欲求に駆られてしまうことがある。
 
 ただ、隠居さんは、その名前のとおり、隠居しているわけだから、「シロクマの屑籠」に引っ張り出すのは不適当ではないかと懸念したくもなる。隠居さんが「もっと多くの人に読んでもらいたい」のか「できるだけ隠遁生活を続けたい」のかは、ご本人のなかでは割とはっきりしているのかもしれないけれども、一読者である私からみると判然としない。相矛盾したメッセージが発信されているように読め、この矛盾が意図的なものなのか、無意識のうちに顕れているものなのか、判断を留保せざるを得ない。
 
 なので、もし、シロクマの屑籠からリンクして構わなければ、この記事にリンクをつけるか、はてなスターの緑をつけてください。リンクをするのを避けたいか、特に意見は無いということでしたら、無反応か、はてなスターの黄色をつけるか、どちらかにしてください。後者の場合は、隠居さんとのチャンネルは、このシロクマの粘土板に留めておくつもりです。
 
 草々
 
 ※2018年5/15の午後6時過ぎに、緑スターがついているのを確認いたしました。なので、折を見てですが、シロクマの屑籠側からリンクする日が来るかと思います。よろしくお願いいたします。
 

隠居さんへ

 
ネットにおける自由とやら - 「隠居」
 
 こんにちは、隠居さん。シロクマです。
 
 いきなりシロクマの屑籠で返信してしまうと面倒っちいことになってしまうかもなので、こちらで、手短に。
 
 ご指摘のとおり、リンクいただいた記事は第一に「私のインターネット」の話です。ネット上の振る舞いに拘束力を感じる人もいれば感じない人もいるでしょう。というか、たとえばはてなブックマークで何かモノ申す人の大半は、私が論じている問題を問題として意識する「必要が無い」のではないかと思っています。
 
 差し迫った必要がある人と、必要が無い人では、インターネットに対する構えは違ってきますし、それを論じた話への温度も違ってくるかと思います。それは人それぞれであり、人それぞれのポジションに基づいた見地とも言えますね。もう一歩進んで、「それはシロクマのポジショントークだ」と言われたら、はい、そうですが何か、と開き直らなければならないところはあるでしょう。あるいは、かつてコンビニ店長という人が曝されていた状況についても、あの人の曝されていた状況というポジションにまつわるお話なわけで、実際にそのような文脈を共有する必要のない人のなかには、どこまで行っても「知らんがな」で済ませる向きがあるのは致し方ないことでしょう。
 
 ま、そんなことはさておいて、私には夢がありましてね。
 
 私は、社会と社会における適応の現状を、もっと自由に論じたいと思っていたりするのです。そんなことができるのかどうか、自分の頭と寿命と星の巡り合わせのなかでチャンスがやって来るのかどうか不明だけど、「社会ってのは、本当はこんな風になっていて、今日の日本人の適応はかくかくしかじかの理由でできあがっている、日本の衰退も、それを土台として起こっている当然の帰結である」ってな話を出来るだけ真面目にやりたいのですよ。
 
 だけど、社会と社会における適応の現状、私が見ているやつと、世間の人が論じているやつ*1には大きな乖離があって、私が見ているやつって本当はおくちにチャックな案件なのかもしれません。私は、私が社会をウォッチしている対人・対物レンズが映し出していることを、そのまま書いたら過去のコンビニ店長という人に近い境遇に追い詰められるのではないかと、いくらか懸念しています。
 
 言い方を換えれば、最近、私が社会や人間をウォッチしていることや考えていることは、世間一般(それこそ、インターネットの不特定多数が形成する正論や世論)からは許容されない、忌み嫌われるものではないかと、自分のことを疑っているということです。だから私は、今日のインターネットでは、意識を働かせて、正論や世論から逸脱しないよう、逸脱するとしてもし過ぎないよう、神経を働かせておかなければならないのだと思っています。でもって、これが疲れるものだから、前に比べてインターネットをやりたいという気持ちが減りました。自己検閲に割かなければならないエネルギーが本当に増えたのですもの! 正論や世論やはみ出さない人や正論や世論をはみ出したことを主張したがらない人は、こういうエネルギー損耗のたぐいに直面しないので、あいつ何言ってるんだ? 程度にしか思わないでしょう。 それか、正論や世論から逸脱しているおまえの頭が悪い、ぐらいに考えるか。
 
 だけど、少なくとも現在の私は、インターネットを行儀良く続けなければならないのです。それがシロクマのブログ大戦略ってやつですから。リテラシーの帳尻合わせにエネルギーを損耗させながら、ついでに自分の書いた記事にやすりがけをしながら、インターネットを続けていく。馬鹿げたことのようにも思えますが、まだ自分は、インターネットを(そしてインターネット人生をも)やめるわけにはいかない。だからつとめていきたいと思っています。隠居さんについては、現れたり消えたりを繰り返しつつ、何らかのかたちでコンタクトがとれるような状態が続いていけたら嬉しいなぁと個人的には願っております。
 
 どうかお健やかで。
 

*1:つまり、もしかしたら私に似たものを見ているかもしれないけれども今日の秩序のなかでは論じてはいけないから論じていないだけである可能性も疑われます

空がうまく飛べない夢から、魚が獲れない夢にトレンドが変わった

 
 20代~30代の前半にかけて、私は頻繁に空を飛ぶ夢を見た。
 
 空を飛ぶとは言っても、自由に空が飛べるわけではない。私が頻繁に見ていた空を飛ぶ夢は、垂直方向の移動(上下移動)は簡単にできても、前にはなかなか進めない、ヘリコプターのホバリングみたいな夢だった。
 
 ちょっと高い場所からグライダーのように飛び立ち、草原を越えて遠くに向かったり、街のビルの谷間を縫うように飛んでみたり――そういうことをやってみたいのに自分が前に進めなくなって、上下移動ばかりになって途方にくれる。そういう夢を割と頻繁に見たのだ。
 
 あまりにも頻繁に見るものだから、空を飛ぶ夢のなかで「今日こそは前に進みたい」と願うことがだんだん増えてきた。「今日こそは、エースコンバットみたく自由に大空を飛ぶんだ」と意識して、飛ぼう、飛ぼう、と夢のなかでイメージするのだけど、そのとおりに飛べることは、少なかった。
 
 こういう夢は、何かが上手くいっていない時によく見たように思う。空を飛ぶということは、私自身にとっては自由をイメージさせる。不自由を感じていたり、自由がいかせていないと感じる時に、私は空がうまく飛べない夢をみていたように思う。夢は何かを象徴していた。それか、夢は欲求不満やストレスの何かに修飾されていた。
 
 それが、40代になってからは空を飛ぶ夢をあまり見なくなった。見たとしても、前に進めない夢を見ることは減った。40代になってから見る空を飛ぶ夢は、わりと自由に飛べている。
 
 かわって、「きれいな川や水路を泳いでいる魚を捕まえようとして、結局捕まえられない夢」を観ることが増えてきた。
 
 私は昔から、水中を泳いだり、海を渡ったり、潮干狩りや磯遊びをする夢は割とみていたと思う。現在でもときどき見る。
 
 しかし、最近になって今までは殆ど見なかった夢のバリエーションが加わるようになった:それが、「きれいな川や水路を泳いでいる魚を捕まえようとして、結局捕まえられない夢」だ。
 
 それらの夢の共通点は、
 
 ・比較的狭い水路であること(川、用水路、海峡など)
 ・透明度が高く、美しい魚がたくさん泳いでいること
 ・網が無い、用事がある、禁止されているとかで、絶対に魚を獲れないこと
 ・水路の周辺は緑が豊かで、とてもきれいな景色であること
 
 だ。
 
 空を飛ぶ夢に比べると、水路、きれいな水、魚、緑豊かなバックグラウンドが自分のどんな願望や不満を反映しているのか、よくわからない。ただ、かなりの頻度でこうした夢を見るということは、私の生活や心性の何かが反映されているのだろう。
 
 夢判断は、客観的なものではなく、自分自身にとっての意味づけを振り返るものだという。だとしたら、私にとって水路とは、透明度とは、美しい魚とはなんだろうか。獲れないということが仄めかしているものはなんなのか。眠っていても、執着。
 

「飲んでもS-とか余裕」とは想像上の存在ではないのでしょうか

  
p-shirokuma.hatenadiary.com
 
 去年の夏に、スプラトゥーン2のバイトについて上のような記事を書いたら、以下のようなブックマークをいただいた。
 

「はんにんまえバイト」の世界は、超絶ブラックだった - シロクマの屑籠

大抵のゲームは飲みながらやってるので、飲んでる方が普通だから迷惑とか言われてもね。飲んでてもS-は余裕だし。ゲームとか好きにやればいいのよ

2017/08/21 15:31
b.hatena.ne.jp
 
 酒飲んでS-まで行くなんて凄い人だなー、上手だなーと当時は思っていた。当時の自分はBぐらいだったので、遠い世界のように感じられた。ところが、それから月日が流れて、自分もA+から昇格することになった。昇格して辿り着いたのは「S-」ではなく、「S」。馬鹿な。S-なんて無いじゃないか。ギリギリの昇格だったので、飛び級ではないのは明らかだった。
 
 心配になっていろいろ調べてみると、S-という階級は初代スプラトゥーンにも今回のスプラトゥーン2にも存在しないということが判明した。おかしいじゃないか! ブックマーカーの人は一体どうやってS-になったのか。まさかとは思うが、このS-とは、ブックマーカーの想像上の存在にすぎないのではないだろうか。酩酊に酩酊を重ねて、幻でもみてしまったか、記憶障害が生じてしまったのではないだろうか。だとしたらプリントアウト案件である。
 
 実際には、下調べもせずに書かれた嘘だったのだろう。これだからインターネットは。
 

はてな村的なものとアメブロ的なものが合わさった時、炎の虹が生まれる(2015)

 ★注:以下の文章は2015年頃に作られたとおぼしきものだ。その前提で読んでいただき、はてなブログ周辺の景色の変化と諸行無常に合掌していただきたい。
 
 
 最近、ぽつぽつ目に入るようになってきたように思うんですよ。
 
 はてなブログの一角で平和に暮らしていたブログが、何かのきっかけで注目を集め、ホットエントリに登録される。で、そのときに大量のはてなブックマーカーにあれこれの(大抵は否定的な)コメントが大量について、精神的に飽和状態になったり、すっかり嫌になってしまったり……といった事例が。
 
 はてなブログが開設されて数年経ちました。はてなブログはてなダイアリー以上に多種多彩なユーザーを含み、あまり目立たないはてなブログのなかにも様々なブロガーが存在しています。
 
 そうしたブログのなかには、はてな村的なもの、あるいははてなブックマーク上で連日のように繰り広げられている、“いわゆる”はてなブックマーク的なものとは無縁の日々を過ごしている“日記”や“考察”を綴ったものも少なくありません。他社のブログサービス、それこそアメブロ楽天ブログに行けば幾らでもありそうな、そういう長閑な光景も案外広がっています。
 
 しかしはてなブログとは、はてなブックマークを中核としたはてな村的なインターネットコロッセオに隣接した区画なのでした。ちょっとした繋がりによって、“リテラシーの高い”はてなブックマークユーザーの目に留まった時に、火の手があがってしまうことがあるのですよね。
 
 古いロールプレイングゲームのなかで、雨雲の杖と太陽の石が合わさった時に虹の橋がかかる、というイベントを観たことがありますが、現在はてなで見かける風景は、さながら、古参はてなブックマーカーと新参でアメブロっぽいはてなブログがあわさった時に炎の橋がかかる……といった趣があります。私としては、惹かれるような、いたたまれないような、なんともいえない気持ちで胸がいっぱいになります。
 
 PVやアフィリエイトの面で、はてなブログアメブロ楽天ブログより有利な場所かもしれませんが、ここは、はてな的インターネットコロッセオと隣り合わせの、殺伐とした土地、容赦の無い文化の土地なのでした。ほかのブログサービスからはてなブログに引っ越して来る人には、「はてなの門をくぐる者、一切の甘えを捨てよ」的な、注意を喚起しておいたほうが良いのかもしれません。それは冗談としても、はてなブックマークが網の目のように張り巡らされた、この独特なインターネット文化圏の面倒くさい部分には、気をつけておいてもらったほうがいいのだろうとは思うのです。
 
 こうしたインターネット文化圏の違いによるコンフリクトはもちろん今に始まったものではなく、はてなダイアリーが主力だった時代にもありましたし、2ちゃんねる等でもまま起こるものでした。とはいえ、2015年になってもその手のボタンの掛け違え、いや、引き千切りが起こってしまうのを目の当たりにすると、なんとも人間集団とは進歩しないものだなと思わずにはいられません。
 
 そういえば、先日完結したはてな村奇譚で、こんなフレーズが登場しました。
 

 はてなは今、大きく変わろうとしています
 上場を目指し、みんなが楽しめる安全で健全なサービスになろうとしています
 でもその時に失われるものもたくさんあります
 サービスを形作るのは結局それを利用する人たちです

http://orangestar.hatenadiary.jp/entry/2015/05/04/000000

 
 このフレーズを逆さ読みするなら、現在のはてな的インターネットコロッセオとは、みんなが楽しめるとは限らない、危険で不健全な場所なのかもしれません。そして、現今のはてなブックマーク上の“世論”をつくっている人達も、(株)はてな としては、ありがたいような、ありがたくないような、微妙な存在とうつっているのかもしれません。
 
 私もこのはてなダイアリーはてなブックマークを利用するようになって十年が経ち、そうしたはてな的インターネットコロッセオの是非を論じるには当事者過ぎるきらいがあります。だからその、外部の人との関わりのなかで旧来のインターネットコロッセオ的なものがどのようにまなざされ、評価されているのか、ちょっと耳を傾けたい今日この頃です。
 
 ★2018年から振り返ると、はてなブログの「サービスを形作るのは結局それを利用する人たち」も随分と移り変わりましたね。これから、はてなブログはてなブックマーク方面はどうなっちゃうんでしょうねえ。そういう「はてなブログの将来」を新年に語る人が、今年は私の観測範囲には現れませんでした。どこかでは盛り上がっていて欲しいと願います。
 
 

「息子よ、稼ぎには二つの種類があるということを知っておきなさい。ひとつはお前が求める稼ぎ、もうひとつはお前を求める稼ぎだ。」

 
 以下の文章は、インターネットの生存戦略としても、現代人の智慧としても、私には説得力のあるもののようにみえるので、写経して飾っておくことにした。
   

 欲望は満たすことができず、運命で定められた人生を超えることはできないということを確かなこととして知っておきなさい。お前は自分の前にあるものを求めている。だから、求めることは謙虚に、手に入れることはほどほどにしなさい。なぜなら求めることは往々にして失うことにつながるから。稼ぎを求めるものはそれを得ることはなく、求めることをほどほどにするものは奪われることはない。卑しいものからは距離を置くようにしなさい。たとえそれらのものがお前の欲望する目的へと導くとしても。なぜなら、お前がそのようなものを大切にした見返りとしてお前が得るものはないだろうから。他人の奴隷となってはならない。なぜならアラーがお前を自由にしたのだから。悪によって獲得された利益にはよいところなどなく、困難によって獲得された安楽にもよいところなどない。
 (中略)
 息子よ、稼ぎには二つの種類があるということを知っておきなさい。ひとつはお前が求める稼ぎ、もうひとつはお前を求める稼ぎだ。二つめのほうは、お前のほうから近づくことはできないが、向こうからお前のところにやってくる。貧しいときに身をかがめ、富めるときに荒々しいのはなんと困ったことか。お前が定住する場所を飾ることができるものだけを手に入れなさい。お前の手から失われたものについて嘆くなら、そもそもお前のところにやってこなかったものを求めて泣きなさい。
 (ナシア・ガミー『現代精神医学原論』P170 より)

 この書籍は、イラン人の精神科医によって書かれた大部の本だが、そのなかに、シーア派スーフィズムについての記述があった。執着や欲望をどう見るか(とりわけ精神科医がどう見るか)について書かれたなかに抜粋されたこれは、執着についての東洋的な捉え方の一例として登場する。
 
 上記抜粋の内容を破って生きるほど、執着は苦しくなり、ここに書いてあることを遵守するほど執着は軽くなるだろう。主観的な幸不幸の感覚をコントロールする智慧の、典型的な一例だと思う。仏教じゃなくてもちゃんとあるやん、と思った。
 

シロクマ(熊代亨)の著書