読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの粘土板

本拠地は「シロクマの屑籠」です。こちらは現時点では別館扱いです。

【06】bulldraさん(池田仮名さん)

ブロゴスフィア

 id:bulldra
 全盛期:~現在
 危険度:低い
 
 はてな村は私達の脳内概念だけれど、それでもはてなダイアリーはてなブックマークのアクティブユーザーによって、はてな村的なものが醸成されているのも事実だ。もう一歩踏み込んで言うと、プレイヤー個々人の性格に由来する以上に、(株)はてなが提供したアーキテクチャによって【はてな村的雰囲気】が集成されている、と考えるべきだろう。
 
 最近、そこに「はてなブログ」が加わり、はてな村は、旧市街に新市街が加わったようになっている。そんなはてなブログにあって、bulldraさん(以後、池田仮名さんと書く)は、最もはてな村に親和的のようにみえるアカウント(のひとつ)だ。
 
 試みに、池田仮名さんのはてなブログを「はてな村」で検索してみると、びっくりするほど記事が引っ掛かる。はてなブログユーザーのなかで、ここまではてな村に言及しているユーザーは他にいないのではないだろうか。たぶん、私より言及している。村貢献度が高すぎる。
 
 サードブロガー周辺の話や「はてなブログを幾ら更新してもはてな市民に登録してもらえない話」などを読むにつけても、池田仮名さんの魂は、はてな村新市街だけでなく、はてな村旧市街にもとらわれている、と推定せざるを得ない。
 
 どうして池田仮名さんは、こんなにはてな村に拘り、言及していらっしゃるのだろうか?本当のところは分からないが、「サードブロガー」*1という新語に対する反応や、自意識こじらせ系記事の内容から察するに、このひとは、はてな村旧市街的なものと響きあう感性をお持ちなのではないかと思う。
 
 だからだろうか、池田仮名さんのブログ記事を読んでいると、私はときどき懐かしくなる。「そういえば、昔、こういうテイストのブロガーってもっといたよね」的に。
 
 池田仮名さんは村民だと思う。本拠地自体は新市街にあるが、醸しだされる雰囲気は「はてな村クラシコ」とでもいうか、旧市街の匂いがぷんぷんする。新しくして古き、古きにして新しきはてな村民、ようこそはてな村へ!ただ、池田仮名さんにひとつだけ忠告申し上げておくと、はてな村には、仕事もお金も愛も落ちてませんので。悪しからず。
 
 ※この記事は右のテンプレに則って記載されています北極から観たはてな村人物評・テンプレートおよびお約束 - シロクマの更地
 

*1:この、サードブロガーという新語周辺の出来事も、きわめてはてな村的なフレーバーを帯びているので、いずれ改めて言及予定。

シロクマ(熊代亨)の著書