読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの粘土板

本拠地は「シロクマの屑籠」です。こちらは現時点では別館扱いです。

【09】next49さん(発声練習さん)

ブロゴスフィア

 id:next49
 全盛期:~現在
 危険度:そんなに攻撃的じゃないと思う
 
 このひとは、はてな村的なイベントにホイホイ釣られるような人物ではないけれど、はてなブロゴスフィアの風景をつくりだしたアカウントの一人だと思うので、敢えてここで言及したい。
 
 発声練習さんは、はてなダイアリーを2004年末にスタートし、以来、ライフハックや勉強方面を中心にマイペースに記事を書き綴っている。そのブログコンセプトは『発声練習』というタイトルに相応しいもので、ロジックと読みやすさを両立した考察系記事を、はてな村民と馴れ合うこともなく、書き続けている。
 
 発声練習さんの人気エントリ一覧を眺めると、よくあるライフハックブログを連想するかもしれない。けれども、そこらの頭の軽いライフハックブログに比べると、これらの記事にも考えた痕跡がふんだんに残っていて、読んで落胆させられることが少ない。書き手自身がちゃんと考え、その考えている内容の打率が高いこと、アクセス数稼ぎに汲々とするのでなく、あくまで『発声練習』というブログコンセプトからブレないところが、私には好もしく感じられた。全部が全部素晴らしい記事というわけではないけれど、ここの記事には“思考や良心が宿っている”と感じることが多い。
 
 なんというか、こういう思考形跡のあるアカウントを含んでいるあたりが、私ははてなブロゴスフィアの掛け替えのないところだと思う。はてな村はドロドロしたコミュニティではあるけれど、その内外には、PV欲や虚栄心だけでは説明のつかない、「自分で考え、アウトプットしてみること」に重心を置くアカウントが存在している。はてな村内外には批判も多いけれど、自分で考えることをよしとするアカウントがそれなりにいて、コミュニティの雰囲気の醸成に一役買っているって点は、ポジティブに評価していいと思う。この『発声練習』さんのようなアカウントが、コミュニティの味噌麹のような役割を果たしていることが、私にはありがたい。
 
 ※この記事は右のテンプレに則って記載されています北極から観たはてな村人物評・テンプレートおよびお約束 - シロクマの更地
 

シロクマ(熊代亨)の著書