読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの粘土板

本拠地は「シロクマの屑籠」です。こちらは現時点では別館扱いです。

当たり前のことかもしれないけれど

 
 とりあえず楽しみとして読むだけの場合、自分のブログが一番自分自身に特化していて、読んでいてハズレに出くわすことが少ない。余所向きの顔をしている時でさえ、どこか自分自身が読むことを前提としているというか、自分の思考論理に深く沁みわたるものがあるというか、ああ、確かに自分が書いているんだなぁという感じがして、手触りにホッとする。
 
 自分の年齢が違っても、生きている立場が異なっても、やはり自分が書いた文章なのだ。立て続けに読むとそれがとみに感じられる。他人がこしらえたアウトプットとは違って、疲れたりうろたえたりするところが無い。「へぇ、こんな事を昔書いてたんだ」「それは違うぞシロクマ君」と思うことはあっても、思考の筋道がわからないということもない。自分自身と歴史を共有している人間にしか、こういう現象はあり得ない。
 
 たまに、そういう自分のテイストに近い何かを感じるブログやブロガーや読み物というのはあって、そういうのは当然マークしておかなければならないのだけど、そこはそれ、やはり他者ゆえの齟齬や摩擦のようなものは必ずあってイコールというわけにはいかない。ブログとブロガーは最終的にはやはり独りで、似た者はあっても同じ者は決していない。近しい者の喜びを喜びとするのはいいとしても、ATフィールドは絶対だ。
 

シロクマ(熊代亨)の著書