読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シロクマの粘土板

本拠地は「シロクマの屑籠」です。こちらは現時点では別館扱いです。

「昭和党」はきっと当選しない

 
 忙しさからの逃避として書いているので、いろいろご容赦&お察しください。
 
社会の未来について語られても、現代が不思議で参考にならない - ←ズイショ→

 
 昨日のブログ記事に、ズイショさんからお手紙を頂きました。ありがとうございます。
 
 まず、夜中の一時半にブログを書くなんて不健康ですね。メンタルヘルスを損ねている人、とりわけ双極性障害と診断されている人が真夜中にブログやtwitterを書くのは大変まずいですが、そう診断されていない人でも不健康です。どうかご自愛ください。
 
 いやしかし、自覚的で潔い主張ってのはいいものですね。
 

 究極にみんなに優しい世界というのは、ヒトという種族ベースで見れば、そりゃあゆるやかな自殺です。「ちゃんと生存競争しなさいよ!」ってオカマに怒られるやつですよ。でも俺は別に自殺なら自殺でいいやと思うし。チューブだらけで延命したって仕方ないしさ、それなら人間らしく滅びるでもいいじゃない。そういう意味では、インフラを広域に維持しようとしてくたばるのだって別に構いやしないよ、と思います。まぁ全部「自覚的にそうしたなら」という条件付きですけどね。なんか、わけわからんうちにミスってた感がありますねこいつぁ、みたいな滅び方はやめようよ、と思う。

 
 そうそう、私は思うんですよ。生殖も、生活インフラも、医療サービスも、「現在の個人の諸権利を守るためなら、子々孫々のことは一切考慮せずに全力疾走ホップステップジャンプの精神でまいります!」っていうなら、それはそれでひとつの意見だと思うんですよね。思想上、私はそういう人間の敵ですが、とりあえず意見としては筋が通っているし、諸権利を守る聖戦士のみなさんは、こういう全裸ポーズでオピニオンを言ったっていいと思うんです。
 
 ああ、こういう事を書くからには、私も少しぐらいオピニオンってやつを書かなければならないと思うので書くと、「現在の世代のサービス等を漸減させてでも、後発世代がカタストロフに直面しないよう最善を尽くすべき」「いかなる諸権利を守るための思想や運動も、社会に徹底されれば作用よりも副作用が目立つようになるのが社会の公理」というオピニオンを持っています。そしていささか悲観的です。総じて、あまり趣味が良くないと自分自身のことを思っています。
 
 話を戻します。
 
 たとえばの話ですが、「現在の個人の諸権利を守るためなら、子々孫々のことは一切考慮せずに全力疾走ホップステップジャンプの精神でまいります!」という潔さで旗を振ったらどうなるでしょうか。
 
 そうですね、わかりやすいところで、誰かが「昭和党」を結成して比例代表議席獲得を目指したとしましょう。党のマニフェストは「昭和生まれの個人の諸権利を守るためなら、平成生まれのことは一切考慮せずに全力疾走ホップステップジャンプの精神でまいります!医療サービスも、インフラも、昭和生まれの諸権利は絶対に今までどおりに保証します!ただし、平成生まれの諸権利がどうなるかは一切考えません!現在の諸権利を守らなくてどうするんですか!」あたりで。
 
 で、この潔い「昭和党」、はたして当選するでしょうか。
 
 私はしないと思います。それなりの選挙資金力をもってしてすら、「昭和党」は比例代表で満足に当選できないのではないでしょうか。
 
 だって、そういう潔さって、一般的には敬遠するじゃないですか。
 
 言説空間で全裸になって討死するより、体裁を良くみせてサバイブするのが大人コミュニケーションの典型というか。人間社会と人間心理において体裁や繕いが占めるウエイトってのは、やはり馬鹿にはなりません。他人に対して表明するのであれ、自分自身に言い聞かせるのであれ。
 
 せめて自分の世代、自分の生きている間だけは盤石でいたい。だってそうじゃないと自分の余命や余暇が冒されるじゃないか。そう思う人は多いはずです。一般論としての人間は、自分が後発世代に何をもたらしているのか、自分が生きた影響が後世に何を残すのか、その綺麗な面を考えたがり、汚い面や負の面を考えたがらない生き物です*1。「今の諸権利のためなら、未来の諸権利など知らぬ」と言い放つよりも「今の諸権利を守りましょう、未来の諸権利もできるだけ守れるといいですね」のほうが好きで、なかには「今の諸権利を守りましょう、そうすれば未来の諸権利も守られるに決まっている!」と思わなければやってられないのが人情、ってやつではないでしょうか。
 
 だから、喩えに持ってきた「昭和党」のような全裸マニフェストを真正面から支持できる人って、少数はいても多数はいないと思うんです。人間は、有権者は、「もっと玉虫色のマニフェストを持ってこいよ」って考えるでしょうし、また、そのような政党に投票するでしょう。
 
 結局、見たいものだけ見て、考えたいものだけ考えるのが人間(の大半)なのですから、ある運動のネガティブな面には蓋をしながらポジティブな面を遥拝したがるのが、私達なんだと、私は思っていますよ。支持するのも、支持されるのも、もっと玉虫色のマニフェストなんですよ。悪しき結果も含めたキレッキレのマニフェストに、人間は耐えられません。ここに、自己欺瞞の共犯関係が生まれる余地があると言わざるを得ませんが。
 
 で、そうやって意思決定のプロセスのなかに自己欺瞞の共犯関係が生まれることで、潔いマニフェストではなく、多かれ少なかれ玉虫色のマニフェストが、そして政策決定が為されることになります。いやいや政策決定なんて言うと一部の人の決めることみたく聞こえるかもしれませんから、「世論もそうですよ」と付け加えておきましょうか。
 
 それで良いともいえるし、良くないともいえるでしょう。人間の、社会の、性質がそういうものだと理解したうえで、愛するなり憎むなり達観したふりなりしましょう。愛憎? それもいいですね、っていうか私はたぶんそれです。
 
 でもまあ、わかりやすい医療サービスやインフラの点を一歩離れて考えれば、現在の資本主義システムやグローバリゼーション、うな重やエビカツバーガーにしたって、「今の諸権利の恩恵に与ることが、未来の諸権利の恩恵を保証しているか」って言ったらこれ全然わかりませんよね。というか、たぶん未来の諸権利は暗そうですよね。そうやって、うな重が、エビカツバーガーが、遠くなっていく。うな重はテクノロジーによって甦るかもしれないけれど、全部テクノロジーにお任せできるかどうやら。うな重のような細かな点は抜きにして、私達が享受している暮らしが再生可能なのか、未来に向かって開かれているのかは、いつも怪しがっておく必要があると私は思います。
 
 で、怪しがったうえで、それらを享受している私達の今の暮らしを、せめてにせよ傲岸不遜にせよありがたがって楽しんでおきたいなぁとも思っています。「21世紀の暮らし」ってやつを。願わくは、ローマ帝国崩壊後の人々がローマ帝国盛期の生活を想像するような面持ちで「21世紀の暮らし」を思い出しませんように。
 
 なんにせよ、私達と現代社会はいろんなものを犠牲にしながら、一度きりのものとしながら、生きているのだと思います。それは罪深いことかもしれないし、尊いことかもしれない。しかし生きてしまっている以上は、目を開いたまま生きていきたいものです。未来をバリバリと貪り食っているかもしれない自分自身を顧みながら、できるだけ正気でいたいものです。
 
 でも、「昭和党」がきっと当選しないのと同様に、そういう自覚を玉虫色の言説で麻酔しておくほうがいいのかもしれません。あまり考えなくて済みますし。で、そうやって自他に対してほどこした精神の化粧もまた、それはそれで人間らしいし、それも含めての娑婆世界と捉えるのが筋なんでしょう。あとは、それを愛するのか、憎むのか、私のように愛憎入り混じった感情を抱くのかは人それぞれということで。
 
 そろそろ時間なのでやめますが、こういう事を考えはじめると、なにやら「そもそも、生きて快楽を追求することに意味はあるやなしや」みたいな事を考えたくなってきて、シナプスの無駄遣い感が出てきて楽しいですね。大学生の頃のように正座して『暴いておやりよドルバッキー』を聴けなくなってしまった中年アカウントからは、以上です。
 

*1:もちろん私も同じ穴のムジナですよ。

シロクマ(熊代亨)の著書